So-net無料ブログ作成
東大受験生ブログランキング campの経験値が5ほどあがり、偏差値が0.01くらいあがり、やる気が1増えます。

私大受験レポート②~早慶~ [受験論]

私大レポ②です^^

早稲田大学法学部と慶応大学法学部法律学科は連日だったので、まとめて書きます。

早稲田受験日は後楽園に泊まりました。当日はメトロを使って早稲田駅まで行きました。そして早稲田の高等部(早稲田学院?)にそって大熊講堂近くまでいきました。かなり人が多かったwww
試験当日は河合塾さんとかが門の前にいました。あとサークルの勧誘www
もらいたいのはやまやまだったのですが、荷物がぱんぱんだったし一つもらったらノリで全部もらっちゃうので頭下げました。今考えるともったいないww
受験生多すぎました。かなりきつかった。
まず英語について。傾向が変更(スポ科の文法が入った?)とかありましたけど、あまり気にせず解けました。ただ、できていたつもりだったけど丸付けしたら微妙にずれてました。英作文は過去問演習をしていましたが譲歩でいくと結構ぴったりに終わります。長文は特徴的な形式はとくに変わらず、パラグラフ毎の把握です。自分は全文メモとりながら読み、選択肢吟味をしていました。効率的にいいときもあれば、逆もいい時もあるんで演習で確認するのが大事かなぁと。
日本史、確か半分くらいでしたw記述よりマークの方がとれてました。あまり言えることはないです(笑)
国語も得意ではないので言うことなし!
試験終了時の入り口の込み様はひどかったです。早稲田大学の応援団の方にお世話になりました。
試験終わってからは早稲田の学生会館に行って政経の友人と話しました!面白かった。

そんでそのあとは横浜まで・・・
東京から横浜への道がかなり長いことに気づきました。連日受験の方は気をつけて。
日吉キャンパスだったため新横浜駅周辺のホテルに泊まりました。「てんや」があったのでてんやでご飯を食べました。ご存じないかと思いますが、東北には「てんや」がないのです!ぜひつくってほしい
話が脱線してしまったのでもとにもどすと、早稲田受験後の慶應への移動がかなりきついです。受験に開放された気分になりつつも新横浜へ移動するのは精神的も肉体的にも結構負担でした。
その日は下見に行かずすぐ寝ました。疲れてたんでしょうね。

慶應大学の試験は日吉でした。法学部なのになんで日吉wwとか思っていたのですがまぁしかたないです。

上智大学や早稲田大学はおそらく100人くらいの教室だったのですが、日吉は200人くらい?のびのびつかっていました。環境は良かったです。
科目ごとに振り返ります。
英語はインタビューでてこずりました。最後に長文残していた状態で考え込んでしまったので、最後長文が2~3問解けませんでした。形式は今までどおりだったので単に実力不足でした。ここで落としたのはきつかった。
日本史は解けた気がしません。対策もなしで行くほうがありえん、って話です。
小論文は構想に時間がかかって、大まかなメモを取り、あとは書き下して行きました。試験3分前でやっと書き終わって漢字間違いの確認などしてました。対策は国語の先生なり、だれでもいいので客観的に見てもらって、主張が論理的になっているかどうか把握するってことくらいですかね。慶應の問題はあまり添削しませんでしたが・・・。


総じて早慶は英語メイン、歴史を普通に取るってのが一番安定した合格ラインじゃないかと思います。
過去問演習を繰り返しているときに英語の実力のなさってのを実感しました。今まで模試とかでそれなりにとっていたのが崩れた気がしました(笑)英語は今でもまだまだだと思ってます。
早慶の日本史は国立の自分からしたら皆無でした。私大ってこわいなーっと改めて実感。

そんな感じの私立大学受験でした。
今考えると翌週に東大受験を控えているのに絶望感を味わされていたみたい(笑)
国立組の良い点ってやっぱり私大よりも試験や合格発表が後だから期待を馳せることができるってことかも。

以上、私大レポでした。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。