So-net無料ブログ作成
東大受験生ブログランキング campの経験値が5ほどあがり、偏差値が0.01くらいあがり、やる気が1増えます。

構想・展望

こんばんは!GW何もすることがなくて暇人なcampです!

昨日までがピークでした(笑

友人が帰省するということなので昨日は東京駅でご飯&トーク!

おとといは小金井公園?でBBQ!

その前の日は和光市の友達の家でオール!腹割トーク!

いろいろと大学生っぽいなと思いました。



そして最近思うこと。
司法試験についてです。まだまだ知識が足りないのですが、今のところのコースとしては
1)正規ルートで行く
2)早期卒業からがんばる
3)在学中

具体的に書いていきます。

1)正規ルートで行く
これはふつう通りです。どちらかというと法科大学院も頑張りつつ法律を着々とこなしていくタイプです。
大学4年→法科大学院2年→司法試験っていうルートです。
ここの勝負所は法科大学院をどうするか。
おそらくロースクール在学中ではWスクールなると思います。(伊藤塾若しくはLEC。今のところ心は伊藤塾)
そうなるとお金がかかる。ただでさえ大学私立なので、法科大学院は国立を目指すことになりそうです。法律云々の前にまずは法科大学院試験、っていうところです。
時間とお金がかかるけど、一番成功率が高い(といっても法科大学院試験の時点で結構きつめらしいです)ので安心ルートだとは思います。
2)早期卒業で行く
上智大学には早期卒業制度があり、普段の学校の授業でほとんどA(いわゆる優?)をとると3年次での卒業が可能になります。もちろん早期卒業なので必然的にGPAが高くなるので法科大学院試験でも使える。いまのところこれが有力です。
大学3年→法科大学院2年→司法試験っていうルートです。
学校の授業の調子がテスト期間になってみないとわからないのが今の難点ですが、不可能ではない気がします。
3)在学中
これはほとんど不可能に近い・・・ですけど、絶対できないわけではない。
在学中、とくに2年次に予備試験(ロースクール卒業と同程度の資格)に合格する。そして3・4年次に司法試験に挑戦する。
最短ルートです。早ければ3年ってところです。理論的には可能ですけど、さすがにそこまでなめているわけではないです(笑
でも、世の中できないことはないと思うのでこの可能性をもとから切り落とすのはどうかと思います。なのでとりあえず検討には入れてみています。


今は瞑想中です。あ、迷走中です。
情報が足りない!そして法学の感触がつかめていないので結論はだせません。
こんなところです。



それと、11日に初バイトの面接行ってきます^^
塾講師みたいです。小中高請負っているところみたいなので、落とされないようにがんばってきます^^
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。