So-net無料ブログ作成
東大受験生ブログランキング campの経験値が5ほどあがり、偏差値が0.01くらいあがり、やる気が1増えます。

芥川賞「乙女の密告」 [書籍]

時には文系らしく、芥川賞でも読んでみました。


今年芥川賞を受賞した「乙女の密告」を読みました。

多分読みにくかったです。自分が乙女じゃないからでしょうか。


話は中身はシンプルでした。ただ、その流れにあるみか子の「忘れた物」とみか子の関係、ほかの人との関係とかが、わかりにくかったです。多分良くわかってません。故に素晴らしい作品とも言い難いです。

筆者の赤染さんが外語大出身だからか、すごいリアルでした。

アンネの日記も詳しい事知らないから多分こんなちんぷんかんぷんなんだろうなぁ…

乙女ってふかいなあ←


気分転換になりました(´・ω・`)

タカヨー!タカヨー!
が面白かったけどなんか大事なように思えた。

以上。短いながらも感想でした。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

となり町戦争-感想 [書籍]

図書館でタイトルに惹かれて、読んでみました。この話の概念自体はとてもよかったと思います。戦争という事態が起こっているのにもかかわらず気づかないでいる日常を描くことは、現在の状態を指しているとも言えます。誤りがあるかもしれませんが、中東アジアでの紛争やそれに介入する諸国の中に日本も少なからず含まれていて、本文の表現を借りると『自己の絶対的な安全性が確保された場所』から復興活動を見ている。そんなことを想起させられました。

ただ、少しわけがわかりませんでした。戦争の描写がないのは仕方ないにしろ、何か掴めない。作者の本当に伝えたかったことはなんだったのだろうかと、疑問に思いました。(自分の読み解きが甘いだけかもしれませんが。)
その分、私たちに考えさせる中身がたくさんある本だったと思います。
単純にハッピーエンドやバットエンドとかよりも、『これが戦争』みたいな不条理な終わり方がけっこう好きなほうなので、私的にはお気に入りの書籍の一つになりました。


と、レビューしてみた←

ちょっと最後の香西さんにキュン死にしかけた(笑

疲れたので寝ます(´・ω・`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

学習書籍紹介① [書籍]

紹介というか、中身について少し語ります。
参考にでもw

古文単語帳編!



古文単語でもってるのはこれ

ゴロゴ手帖 増補改訂版―古文単語ゴロ565 全イラスト付 大学入試


一応もっているのはCDつきのものですが、おそらく勉強にはCD<イラストかも。
毎回がつがつ覚えているのではなく、思い出したときにやっているからすこし荒い覚え方かも。。。
学校の授業ででた古文単語をノートにゴロあわせと一緒に書き込んでます。
どちらかというと印象が強いからいいと思います。
正直英語の語呂合わせは少し実用性に欠ける(アクセント等)ものですが、古文単語は話したり聞いたりする必要もなく、ましてや受験にしかほとんど使わないだろうから、効率的に覚えたい人はこれがいいかも。
必死にやればたぶん2~3週間で6割くらいカバーできるとおもう。出版社の板野先生いわく、早い人は2週間で全部おkらしいww

つか、下ネタ多いので、なんか変に印象残るwww

ひたすら覚える暗記型の人や、下ネタ好きの人にオススメ



古文単語FORMULA 600―大学受験 (東進ブックス)


『古文単語FORMULA 600』対応CD BOOK―大学受験 (東進ブックス―大学受験FORMULAシリーズ)



次にフォーミュラって古文単語です。正直あんまり使っていないが、普通の古文単語。です。
付属の問題集にはCDがついています。これはなかなかいいかも。なんとワンピースの麦わら帽子の彼(声優的には彼女?)が感情をこめて語ってくれます。

+の感情、-の感情の単語がわかりやすいです。
演習も含めて古文単語覚えたい人にオススメ。




マドンナ古文単語230―荻野文子の超基礎国語塾 (大学受験超基礎シリーズ)


これはもらいものであまり見てないですけど古文単語カードがあります。つかってないけどw
知識的にはいいとおもいます。ぱっとみ、説明が多そうです。理論から入りたい人はオススメ。





次は欲しいもの?リストw

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。